更新情報

Mamicaからのご挨拶

武蔵野のおもかげが残る仙川の町に、小さなギャラリーを開きました。
大きなケヤキのある雑木林の近くに『マミカ』はあります。陶の作品に触れる楽しさや喜びを、より多くの皆さまに身近に感じていただきたい、という思いからこのお店をはじめました。

店名の『Mámica-マミカ-』は、私の名前「Mami-マミ-」と、スペイン語の「Cerámica -セラミカ-」(陶器)に由来しています。そこには「私(マミ)が選んだ陶器」という意味が込められています。

マミカのロゴマークは、スペインの画家ミロのサインからヒントを得たものです。
枠にとらわれない自由な発想。繊細でありながらも、個性と内に秘めたエネルギーを感じる、そんなアートを扱っていきたいという思いも込められています。

マミカならではの発想で、人に感動を与えられるアートを発信していければと思っています。

展覧会を開催していないときは、併設するカフェで珈琲やスィーツを、お出ししています。
作家のつくったうつわでゆったりとした時間をお過ごし下さい。

皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

マミカ店主 松岡真美