更新情報

Mamicaからのご挨拶

『マミカ』は、武蔵野のおもかげが残る仙川の街の住宅街にある、隠れ家のような小さなギャラリーです。

すぐ近くに隣接している国分寺崖線の森や、鳥のさえずり。そんな周りの牧歌的な風景や自然と寄り添い鼓動しあうように、店内にはつくり手たちの作品が展示されています。

店名の『Mámica-マミカ-』は、私の名前「Mami-マミ-」と、スペイン語の「Cerámica -セラミカ-」(陶器)に由来しています。そこには「私(マミ)が選んだ陶器」という意味が込められています。

マミカのロゴマークは、スペインの画家ミロのサインからヒントを得たものです。
枠にとらわれない自由な発想。繊細でありながらも、個性と内に秘めたエネルギーを感じる、そんなアートを扱っていきたいという思いも込められています。

マミカならではの発想で、人に感動を与えられるアートを発信していければと思っています。

皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

マミカ店主 松岡真美